前へ
次へ

介護のためのトイレの設備

私の家にはポータブルトイレと介護用のトイレ手すりがあります。
ポータブルトイレは祖母の介護の際に必要になって購入したもので、普通の洋式トイレのように座って用を足せます。
下の部分が取り外せるので、用を足したらそれを捨てに行きます。
祖母の介護はごく短期間だったのであまりこのポータブルトイレは使われませんでしたが、今は非常用のトイレとして取ってあります。
水が使えない時も、中に紙おむつなどを敷いて用を足せばそのまま捨てられるので便利なのです。
また、トイレ手すりは母のために購入しました。
工事してもらうには費用も時間もかかるので、通販で置くタイプのものを選びました。
たいてい便座は普通の椅子よりも低く、自力で立つのが難しいので、手を置いて立ち上がるためのバーが必要になります。
これはトイレの形状によって置けるタイプが変わってくるため、まずは自宅のトイレの寸法を測り、問題なく置けるかどうかを確認してから購入しましょう。

Page Top